独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー

<   2009年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

明日のおなかの調子

「ラーメン二郎」
ラーメン二郎と言えばラーメン本には紹介されないものの、のれんわけされている店はことごとく成功している店だ。その味はくせが強く、好き嫌いが別れる味だが、好きな人は極端に好きになり、週に一回は食べるくらいのジャンキーになる。そのジャンキーぶりはウィキペディアにラーメン二郎という項目(画像つき)で紹介されているくらいだ。あれにはびっくりした。

さて、本日ラーメン二郎で食べたんですよ。大盛りチャーシュ麺(大ぶた)。で、トッピングは【野菜ましましあぶらましましにんにくからめ】。知らない人にはなんかの呪文みたいな感じですが、れっきとした日本語です。ようは野菜が多い、油っこい、にんにくと味こいめだよってことです。
まぁ、これで注文したわけなんです。
そしたらアレだよ、ぜってー店員聞き間違えたと思うんですけど、にんにくが凄い入ってんの。どんくらいかって言うと、普通のラーメン屋だと、トッピングでネギとか乗ってる場合があるじゃないですか。それでネギ多めとかすると多少増えますよね?でネギ好きにはたまらない量になるわけです。うん、そんくらい入ってた。たとえが悪すぎて伝わらないな。

まぁ、腐るほど入ってたわけです。美味しかったけど。


「駄菓子」
b0100240_2114979.jpg

小さい頃、僕のおやつといえば駄菓子で、よく親が駄菓子お徳用パックみたいのを買ってきてくれた。その中によくフエラムネが入っていて、妹と一緒にピーって鳴らして遊んだもんだった。
時は流れ、22歳。成人してから2年もたち、少年とはいえない年齢になってきた。それでも僕は子供の心を忘れず、フエラムネをピーっと鳴らしていたい。この音が未来への自分へと伝わるように、今の気持ちを忘れないように。そう願いながら。

ただ、フエラムネがどうしてもフェラムネに見えてしまうのは秘密だ。


「今日のまとめ」
寝て過ごした。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-18 02:15 | 日記?

自重しろよ

先日、保険屋のお姉さん(34歳)に年初めの挨拶をしていたときのこと。

「マサキさん、恋空見ました?すっごく泣けるんですよ~~」
「へ、あ、そ、そうなんすか?」
「え~見てないんですか?」

いや、一応僕も見てましたよ?恋空。レビューしてやろうとおもって見てましたよ。ただね、我慢の限界ってのがあってさ、僕には無理だったんだよ。あまりのつまらなさとDQN率の高さで、いくら新垣さんが主演でも耐え切れるレベルじゃなかった。というかアレ泣ける要素あったのか?笑えるとこならそこそこあったけど。

まぁ、保険屋のお姉さん(34歳)は子持ちでそんなこと言ってるんだからちょっとどうかと思った。


「ファンタシースターゼロ」
一度やり始めたら止まらない。


「きつい一言」
Mくん「お前のメールじゃ女から返事こないわな」
その日ちょっとだけ泣いた。


「今日のまとめ」
いまいち気乗りしない今日この頃
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-17 11:10 | 日記?
空メさんがみんなで温泉旅行に行きたいと思ってるなんて知らなかった。僕なんか一人で旅することばっかしか考えてなかったから、空メさんがとても大人に見えた。あと今月の給料が少なすぎてリアルにマンションの更新料が払えなかったらどうしようとか考えてますけど、まぁなんとかなる。いざとなったら親に土下座さ!


「ワイルドスピードX2」
あらすじ
車が走る。

なんていうんですかね、とてつもなく興味がないものってあるじゃないですか。僕はそうですね、車とかまったく興味ないんですよ。それこそマフラー改造して排気量上げて車高下げてとか言われたとしてもで?としか答えられないんですよ。ベテランの人がS2000が欲しいとか言っても「あぁ、ホンダのですよね。グランツーリスモ2で出てましたよね」としか答えられないんですよ。そういうレベルなんですよ。

だからこの映画見ても面白いとこがわからない。主人公達が乗ってた車が三菱のランエボだっけか?細かいことまでは知らないですけど、それくらいしか知らないわけです。けど僕、グランツーリスモやってたときはランエボ好きだったなぁ。なんていうか、純粋にかっこよかったんですよ。いやー懐かしい。

とまぁ、そんな車好きしかわからないこの映画。素人の僕が見ても面白くはないのですが、それでも面白いとこ探して見ました。

その1、面白黒人。
主人公の相方が面白黒人だった。それだけで面白い。

その2、面白黒人の発言。
「マジで!?」をよく言う。それだけで面白い。

その3、面白黒人の行動。
いきなり服脱ぎだした。それだけで面白い。

以上の3つのポイントを抑えとけばとりあえず何かしながらなら見れます。ちなみにポロリはないです。

おすすめできる人は、中途半端な車を知ってる人、面白黒人さえいれば楽しめる人、前作のほうがまだマシだと心の中では思ってるけど口には出さない人はみるべき。

「今日のまとめ」
それにしても前作はBGMにはなったけど、2は中途半端に見れるぶんクソだった。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-15 23:15 | 木曜洋画

忙しい

マキバオーでオナニーって・・・・。発想の凄さに僕は言葉を失った。た、たいようのマキバオーならいけると思った人は最低だと思う。うん、本当に。うん、ごめんなさい。


「ガンダム00」
いやーOP変わってましたね。やっぱガンダムっていいよ、どんなにかっこ悪くても慣れればかっこよく見れるし。
それにしても、敵のモビルスーツがしっくりこないのはなんでだろう。


「インデックスだかなんだか」
とあるなんとかのなんとかのインデックスが可愛い。以上。


「モヤモヤさまぁ~ず2」
大江アナの可愛さは本当にやばい。いつもそう認識させてくれる番組だ。
こないだは三軒茶屋のモヤモヤ探しだったらしく、いい感じに狂った人々との暖かい交流をしていた。本当にいい番組だ。
それにしても、三軒茶屋にある室内釣堀、行ってみたいもんだ。できればこっそりと。


「地方都市」
地方都市に行ってみたい。マジで行ってみたい。絶対まだハイパーヨーヨーとか流行ってそうだし、行ってみたい。けど、地方都市ってどこからが地方都市なんだろうか?大宮からは地方都市になるんだろうか?それとも宇都宮からなんだろうか?それとも関東圏越えた辺り、つまりは郡山あたりからなんだろうか?きになる。

また福島あたり行きたいなぁ・・・・・・・・

というわけで、今貯金をしております。けして風俗のためではなく、純粋に地方へ行くためのお金。旅館になんか泊まらなくたっていいじゃない、漫画喫茶でいいじゃない、最悪野宿だっていい。そんな放浪をしてみたいので、頑張って貯金です。目指せ、来月のお風呂屋さん!

ん?違うか。


「今日のまとめ」
ゴールデンウィークに行くか、それとも夏休みで行くか、もしくは秋の長期休暇で行くかで迷いどこ。あと、どこ行こう?
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-13 23:48 | 日記?

陣地攻防戦

みどりのマキバオーが面白すぎた。

「陣地攻防戦」
あれはまぎれもなく僕が風俗でちんちんが気持ちよくなることをしらない頃、つまりストレートに言うとまだ小学生の頃の話だ。
当時、僕は千葉から引っ越してきて一年くらいで、ようやく東京の生活になれてきた頃だった。僕は今もなんだけど気が小さくて、いじめられる対象というかいじられる対象のガキだった。当然強い奴には手もだせず、ただAくんの使いパシリや、鶴岡っていう生意気な野郎の言いなりだった。ただ、Aくんはよく遊んでいたし、家も近かったこともあって嫌な印象はなかった。ただ問題は鶴岡、こいつが性質悪くてですね、今考えただけでもむかつく野郎でした。まぁ、詳細は省くんですけど、本当に嫌な野郎でした。

ある日のこと、僕の家にU君と鶴岡とあと何人かが遊びに来たんですよ。まぁ、普通に桃鉄かなんかして遊んでました。

ピンポーン

呼び鈴の音が聞こえたので、窓から下を眺めるとAくんが立ってました。どうやら遊びに来たみたいでした。そこで鶴岡ですよ。こいつ本当に最低なんですけど、Aくんと遊ぶの拒否ったんですよ。いつも遊んでるんですよ、Aくんと鶴岡って。けどなんでか知らないけど遊びたくないとか言う始末。さすがに僕は口出しできないし、UくんはUくんでゲラゲラ笑いながらチンコ触ってるしで結構最悪の場面突入だったんですよ。しかたなしにAくんに遊べないって言うじゃないですか。そしたらAくんは何でって聞きますよね?当たり前の話ですけど。そこで鶴岡が・・・とかいえないじゃないですか、流石に。しぶしぶ家に帰るAくん。背中が寂しそうだった。

Aくんに断って鶴岡達のとこ行くとそこは衝撃的な光景が広がってですね、鶴岡が窓から水をまいてるんですよ。で、窓から下みるとAくんの自転車が濡れてました。まったく意味わからないんですけど、やってることは最低でした。これにはさすがにAくんは黙ってません。何考えたかは知らないんですけど、Aくん、地面に生えてる雑草投げてきた。水VS雑草ですよ。たまたま投げた雑草が窓から家の中侵入しまして、家の中泥だらけ。さすがの僕もキレますよ。ゆとりお得意のキレっぷりでした。鶴岡達を帰らせ、泣く泣く掃除機で片付けました。
そのあとAくんはなぜか家の親に怒られてました。かなりのとばっちりだと思った。


ちなみにAくん。三人くらいで僕の家で遊んでたとき、どっかから見つけてきた梅酒を飲んでました。まぎれもなく最低だった。


「今日のまとめ」
免許の更新お知らせの葉書なくしたし、アパートの更新料払えるか微妙だしで結構大変。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-12 22:11 | 日記?

レイジング峰

これはある男のハードな人生を描いた物語である。


「レイジング峰」
男の名前はマサキ。
ドラクエ的に言えばテリーポジションの男だ。
夢はいつかモンゴルの大地を肌で感じること。いつの日かその夢を叶え遥か先を見てみたい。ミドリのマキバオーを読んで何かを勘違いしてるが、純粋な想いだった。


三連休の土曜日。マサキは昼まで寝ていた。朝方まで某アカバコ探してたら現実で赤いものみると壊して中身のレアアイテムを取り出したくなるゲームをやっていたためだ。
気だるいく、マサキは背伸びし、ふあーっとあくびをする。そしてまだこんな時間かと少し呟くと、そのまままた布団へ潜りこんだ。携帯から呼び出し音。

ピピピピピピピピピピ

マサキはこれを無視しようかと思ったが、もしかしたら川崎のあの子、もしくは川崎のこの俺を脅してきたあの子、いやいやいや、もしかするとドラクエしよ?って言ってきたあの子からの電話かもしれないと思い、電話にでる。リーダーだった。たた切ってやろうかと思ったマサキだが、さすがに社会人としてどうかと思い、リーダーの声に耳を傾けた。

「夜間処理が扱けました。私は対応しとうございません。宜しくお願いします。」

凄く丁寧に書いたが、本当はもっと酷かった。

「あーこけた。安全圏のはずだったのによー。俺はルール上対応できんからお前よろしこ」

ぐらい言ってた。あと、マサキもルール上やっちゃいけないのだが。さすがにリーダーからのじきじきの電話、しかもやれるのはマサキだけとなると流石に断れない。しかたなしにマサキは会社へと出勤した。

エラーの原因を特定したマサキだが、なんとその処理、マサキが知ってる処理ではなかった。しかたなしにマサキはリーダーへ連絡。これ無理、あんた来いよくらいは言ってたと思う。たとえ10歳はなれてようがそんなの関係なかった。マサキは粘った、頼むあんたの力が必要なんだぐらい言ってた。でもリーダーは頑なに行かないの一点張り。もういいよ、って感じになり、マサキはリカバリーの仕方だけ聞き、リカバリーを開始した。

ものの30分くらいでリカバリーは完了した。リカバリー完了の電話をリーダーにし、家へ帰るマサキ。だが、マサキの中になにか得体のしれない感情がうごめいていた。気がつけば隣駅のブックオフの前にいた。夢中になってたいようのマキバオーを読むマサキ。1~2、そして5巻を買うマサキ。とびとびだから3,4,6巻を買うマサキ。ついでにミドリのマキバオーを全巻Amazonで注文するマサキ。たぶん1万以上使ってた。そしてマサキの得体の知れない感情は消え去り、マサキは心起きなくオナニーをした。

世界は広い、そう思ったマサキだった。


「まとめ」
最後の一文がいったい何を意味するのか!?
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-11 12:58 | 日記?
「キャバクラ入門講座~話題の振り方から楽しませるための一歩を踏み出そう!~」
その1!軽快なトーク
キャバ嬢を楽しく時間を過ごすためには、なによりも軽快なトーク、早い話ちゃらい話しが重要です。僕くらいのレベルになるとエロい話しとかしますからね。オナニーがどうのこうのとかそこまで話せます。

その2!時折見せる優しさ
いくら軽快なトークをしたところでキャバ嬢は僕ら客に対して見向きもしてくれません。むしろ「ドリンクちょうだい」とか言い出すしまつ。酷いのになると「ドリンク勝手に頼むから」とかそんなレベル。けどここで怒ってはいけません。そういった優しさではなく、もっと紳士的な優しさです。
例えば、こないだリーダーとB先輩とキャバクラ行ったときの話しです。いつもどおりB先輩は一人で盛り上がってました。ですが、なぜかこっちのほうをちらちら見てきていかにも寂しそうな感じでした。まぁ、僕とリーダーはそれを無視してたんですけど、僕についてたキャバ嬢が「キモい!」って言ってBさんと叩いたら「うわ、ばっちー」とかキャバ嬢言ってた。そこで僕はすかさずおしぼりを渡し、「これで手をふくといいよ」って言いました。リアルに「惚れそうになった」って言われた。

その3!話題のふりかた
キャバ嬢だけに喋らせてたらいけません。こちらも楽しい会話を提供するために常に時事問題を仕入れておきましょう。そうすることで会話の幅を広げられます。例えば僕なんかは「最近の日本の外交について」って感じで日本の外交の弱さ、そして日本の経済力や世界への影響力を熱く語るとするじゃないですか、そうすればキャバ嬢は、は?って感じでこちらを見ます。それこそなにいってんだこいつ、馬鹿なの?って顔で見てきます。そういう場合はすかさず下ネタでごまかせばOKです。ギャップのある話をすることで、この人空気読める人なんだという事をアピールしましょう。


最後!次回へ繋げるために、覚えておいてもらうために
メールアドレスを交換しましょう。キャバ嬢によるとは思いますが営業に積極的な子、ただたんにメールだけ送ってきてなげっぱなしな子といますが、メールを送ってくれるということはこちらを気にしてくれているという事です。ここまでくれば完璧です。次回からはあなたの口説きテクニックや下ネタからつなげる恋愛トークなどでアフターまで狙いましょう。

以上、マサキのキャバクラ入門講座でした。



ちなみに、僕はこれで成功したことなんて一回もありませんでした。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-11 05:13 | 日記?

ふるさと

Mくんとメールしてて、一緒にデスノート実況してて、なんかエロイ女がいたんですよ。で、このエロイ女エロイ!ってMくんにメールしたら「だからお前は女からのメールが帰ってこないんだよ」って言われました。どこが悪いのかまったくわからないですけど、死にたくなった。

「祝日企画!」
さて、正月終わったと思ったらいきなりの三連休で嬉しいやら派遣村の連中どうしようもないなと思ってる人達こんにちわ、マサキですよ。

さてさて、三連休とは言ったものの特にやることなんてなくてですね、オナニーするぐらいしかないんですけど、さすがに三日間もチンコ擦ったら死ねるってもんでして、さて、何かするもんないかなーってやること探してるわけなんですけど、なかなかないんですよね。こう見えても僕ってなにか一つに情熱を傾けるほど熱い男というわけじゃない、どっちかというとかなりクールですからね。冷えピタぐらいクールっすよ。まぁ、そんなくだらないことは置いといて、ほんと、やることないんだわ。というわけで、年末やった企画みたいな感じで以下の中からなんかやりたいと思います。まぁ、僕自身が暇をつぶすためだけのもんなんで、たいしたことはしないです。多分。

1.マサキのキャバクラ入門講座~話題の振り方から楽しませるための一歩を踏み出そう!~
2.歴史ある街を見ようシリーズ~鎌倉一人旅編、旅先で出会うあの子~
3.過去話
4.ひたすらファンタシースターゼロのプレイを書く

の以上4つです。一番有力なの3番ですかね。下手したらどれもやらないかもしれないですけど。まぁ、期待しないで待っててください。


「今日のまとめ」
タイトルがふるさとなのに内容がまったく違うこの日記。いったい何を書こうとしたんだかほんとよくわからない。(ならタイトル変えろよとか禁止)
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-10 03:23 | 日記?

忘れてた

新年一発目の木曜洋画見忘れた。

「けしからないことや納得のいかない事」
空メさんとこでスク水の女の子がドバっと掲載されてて、うわーかわいいのーって感じで見ておりました。ふと、頭の中でよぎるスク水という単語・・・。何かがひっかかる。けしてアパートの更新料が払えなくて困ってるだとか、電気料金を二回も払ったとか、そんなちゃちなことじゃなく、もっと、こう懐かしいことを思い出した。

あれは中学二年生のことだった。季節は夏。もう中学生の夏っていったらパラダイスですよ、パラダイス。学校帰りのA君の家、そこで食べるアイスは最高だった。アイス食い終わって名に考えてたか知らないけど、がりがり氷を大量に食って腹壊したのもいい思い出だ。そんな夏のある日のこと、体育の授業で水泳のテストがあった。もうね、女子中学生の生スク水っすよ、生スク水。もうね、たまんねえって感じで女子を見ておりました。いやー川村さんすげー可愛かったなぁ。すげー好きだったなぁ。あ、話しずれちゃいましたね、とにかくテストがあったんですよ。
僕ってこう見えても水泳を6年間やってましてね、そのわりにはバタフライができないっていうとんでもないうんこ野郎なんですけど、それでも泳ぐぐらいなら普通にできるんですよ。まぁ、それで普通に水泳のテスト受けたわけなんです。いやー普通に普通の成績出してました。まぁ、ここまではよかったんですよ。問題はA君。こいつが凄くてね。水泳は好きなくせにてんで泳げない。けど彼は立派でした。A君はテスト受ける前に僕に話しかけてきました。
「俺、25m泳ぐ。あと、女のおっぱいっていいもんだな」
とかほざいてました。さて、そんなAくんがプールの中に入り、テスト開始です。水の中に潜り、壁を蹴って勢いよく平泳ぎで泳ぐAくん。5mぐらい泳いだときでしたでしょうか。

あしつった!!!!!!!!!!

そういって溺れてました。僕はそれ見て笑ってた。みんな笑ってた。川村さんも笑ってた。そしてAくん死にそうになってた。

夏はいい季節だ。忘れてしまいそうな過去の思い出や想いを思い出させてくれる。けど、Aくんの溺れてる姿は思いだしたくないし、今の季節は冬だって事を思い出して嫌な思い出を思い出し嫌だなって思った。


「繋がる想いとその心」
タイトルが中二病くさいのは仕様です。
ここんところいろんな人に言われるんですけど、僕って最近女の話ししかしないってよく言われます。たしかにそういやそうだなって思う。そりゃ僕は楽しいけど、聞いてる人たちからするとつまんねー話し聞かされてるわけですよ。そりゃもう僕が本気で口説いてる話しなんか聞いても面白くもなんともないですからね。何が2~3人は背負って生きていけるだよ、自分ひとりでも大変だっつーの。
まぁ、確かにここ最近の僕はとんでもなく彼女が欲しいとか、どのツラ下げていってんだよってツラですよ。いつも顔のどこかに生傷があってですね、田舎の少年でもそんな傷ついてねえよってくらいついてます。ちなみに、弟も負けず劣らず生傷だらけでした。まぁ、だいぶ話しがずれちゃったんですけど、とにかく僕は最近ほんとどうかしてる。自分でも何をそこまで焦ってるのか、それすらもわからないくらい彼女が欲しいとか言ってる。
やっぱね、こういうふうになるにはきっかけみたいのがあるわけなんですよ、オナニーを初めてしたときだってきっかけはあるはず、それと同じくらいのきっかけがあるはずなんです。
で、考えてみました。僕がなんでそこまで彼女が欲しいかを。

思い返せば去年の夏。ぶらっとなんかの用事で横浜までの電車を乗っておりました。どうもですね、電車の中にやたら浴衣を着てる女が多かったんですよ。で、すげーうなじとかが色っぽいなーあーいろっぺーとか田舎から出てきた人みたいに見てたんですよ。けどさ、大抵浴衣きてる女には彼氏がいるんだわ。それもさ、すげー大人しそうな女なのに彼氏はライオンかよって感じの髪型してるあっぱっぱーみたいな男でして、なんでこんなんと付き合ってんだよって思ったりしてました。ふとね、僕そういや学生ん時ってこういうふうに誰かと花火大会とかいったけって思い出してみたんですよ。いや、どんなに思い返してもないんだわ。すごかったよ、これっぽっちもなかったからね。唯一思い出したのは友達と花火したら僕の自転車のかごが爆発した思い出だけ。そんなの思い出したくもないわ。なんか、そんなこと考えてたら急に胸が締め付けられちゃいましてね、苦しくなってですね、早く花火大会中止しろって願ったもんです。
たしかそれからですね、急に彼女欲しくなったの。いやーけどそっからボーナスもらって全額キャバクラにつぎ込んで大変なことにもなった。

そして、今年。彼女はできるのか。また夏の季節になって惨めな思いをするのか!それとも風俗で事をすますのか!?今後を期待してね。

あ、結局また女の話ししてた。次は絶対経済の話しとかしてやる。


「今日のまとめ」
思い出した、経済の勉強しようと思ってたんだ。そうだ、今年の目標それ、経済。決まり!
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-09 01:12 | 日記?

例えば

「意地と意地のぶつかり合い」
僕って女っけがないというか、むしろ変態臭がぷんぷんしてくるぐらいなんですが、こう見えても僕ってモテモテなんですよ。
どれくらいモテるというか、前に合コンした女なんて僕見てかつーんの出口入り口ファンタジーみたいな頭の中うんこでもつまってんじゃねえのっていうギャグを持ってる奴に似てるって言われますからね。つまり僕ってアレですから、ジャニーズっすよ、ジャニーズ。歌って踊れて、頭が寂しい事になるグループっすよ。腐ってもジャニーズですからね、これはもう世の女共は僕見た瞬間にパンツ下ろすのも納得だわ。いや、ほんと、つらいことなんかなかったから。

とは言え、いつも変態なことばっか言ってますけど、普段は違いますからね。すっげー紳士。たとえ裸の女が僕の家の玄関前で潤んだ瞳で玄関から出てきた僕を見つめてたとしても、軽くおっぱい触っただけで会社行きますから。それくらい紳士。まぁ、どれくらい紳士かって言いますと、それはこないだの事でした。

僕が会社帰りで疲れて、とぼとぼと駅の階段を上っておりました。前に歩いていたのは女子高生でしょうか、いい尻してんじゃんって感じでぷりぷりと尻振って階段上ってました。いやーいい尻だなぁって眺めてたら、その女子高生が突如バランスを崩したんですよ。危ないと思った瞬間には女子高生は階段を踏み外し、僕のほうへ向かってくるんです。うわ、って感じで僕は優しく女子高生を受け止めました。こう見えても包容力は凄く強いんです。
女子高生はあ!って感じの顔になって僕を見つめ、僕は女子高生のつぶらな瞳をこれでもかってくらい下心なしの目で見つめておりました。だんだんと顔が赤くなる女子高生。それを僕は何も言わず見つめます。もうここでアレですよ、二人は恋へと落ちました。
女子高生・・・さきちゃんはまだ2年生で部活動は水泳部、将来の夢はアナウンサーを目指す、ちょっと棒読みだけど、ちょっと毒舌だけど、どこか助けてあげたくなる子でした。たいして僕はかつーんのクソなギャグ持ってる男です、そりゃもう激しい恋でした。時には彼女のために秋名のハチロクに勝つために峠にF1カーで峠下ってみたり、またある時は彼女のために世界に7つ散らばってるキンタマだかドラゴンだか知らないけど、まぁ集めると願いがかなう玉を集めてたりしてました。さきちゃんはいつもニコニコ笑顔を絶やさず、僕のそばにいてくれました。
そんなある日、僕とさきちゃんに別れのときがきます。なんとさきちゃんのお父さんが出張のためモンゴルに行くことになってしまいました。当然僕はさきちゃんと別れたくないし、さきちゃんも離れたくないといってくれました。でもさきちゃんのお父さんは大反対。まだ学生だろ!とか、給料低い男と一緒になってもしょうがねえ!とか、さきを一人で日本に残すのが心配だとかほざいておりました。さすがにさきちゃんもお父さんの言うことを聞くしかありません。そしてさきちゃんは飛行機に乗りモンゴルへと旅立ってしまいました。
別れのとき、さきちゃんは僕の頬へ優しくキスをしてくれました。今まで何度もベッドの上でアレ、つまりはセックスとかしてたわけなんで、今更なんだよとか思いもせず、ただただ頬に伝わるぬくもりを逃さないように、頬を手で押さえてました。あれから3年。たまに来るさきちゃんの手紙が楽しみで、僕は生きてる。いつか、いつの日か彼女に会うために、僕は今の仕事を頑張る。つーかそう妄想でもしてねえとやってらんねえよ。今年こそ楽天優勝しますように!

「今日のまとめ」
こう日記を書いてると、頭の中の文章と実際書く文章が大きく違ってくることがあります。本当は感動巨編だったのになぁ・・・。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-01-07 23:02 | 日記?