独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:日記?( 243 )

「かなしばり」

「かなしばり」
寝てたらかなしばりに久々に会いました。それも耳元で足跡がするっていうおまけつき。
まぁ、僕ぐらいのレベルになってきますと気合い一発でかなしばりなんてとけちゃいますからね。実際に「うへぁ!」って感じで、ちょっと情けないけれども気合いの入った声でかなしばりはとけました。

かなしばりというのは睡眠が浅い時におきると科学的にも証明されてますが、やっぱさーそういうのつまんなくない?なんていうかね、夢が足らない。僕から言わせると幽霊信じない奴はカスだよ、カス。チンカス以下のカスですね。
よく考えてみて欲しい、もし幽霊が、かなしばりかけてきた幽霊が美人だったらどうする?

僕の気合いでびっくりした幽霊、よく見ると腹から腸が出てるが、そうとうな美人だ。
僕「あの大丈夫ですか?あ、腹から腸、いや、ホルモンが!」
美人幽霊「呪う…殺す…」
僕「馬鹿なこと言ってないではやく治療しなきゃ!とりあえず寺いこう、寺」
美人幽霊「さっきからなんなの、おどろきなさいよ」
僕「君が美人だから、驚きはしないよ?もし、君さえよければ今晩一緒にどうかな?」
美人幽霊、きれいな体になり顔赤らめる。そして二人は夜の街へ消えたのだった……。

みたいなね、そういうことがあってもいいわけなんですよ。ほんと、かなしばりかかるたんびにこの妄想するわ。もうね、幽霊なんかいねーよ、寝てる時起こすなよ!まったく、幽霊信じてる奴なんかカスだよ、カス。チンカス以下だわ、まったく。


「今日のまとめ」
携帯から更新は初めて。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-30 02:46 | 日記?

溶岩の斧

溶岩の斧
べつにタイトルに意味なんて無いし、わざわざリンクを貼った意味も無い。やまなしおちなしいみなしでやおいですね。ケツの穴にきゅうりみたいなのつっこまれちゃいますね。

そうですよ、今日本が危ない。少子化、税金問題、小○沢の献金問題、いろいろあります。けど、一番やばいのは少子化ですね。
少子化=日本やばいってことですからね。つまり、今の若者にはセックスがたらねえんだよってことですよ。

僕も22歳。つまりは若者という位置づけにいるわけなんですが、いかんせん出会い、つまりセックスなんてしてないわけですよ。つまり、少子化になんの抵抗もできないわけなんです。
こうね、毎日毎日お気に入りのエロサイト(無修正)で動画をダウンロードしてても子種はだしても着床はしないわけです。日本の未来を心配する僕としてはこりゃいかんと思ったわけなんですよ。もうね、セックスさせろ、僕にセックスさせりゃあガキの三人や四人、簡単につくったるわ、とそう意気込んでるわけなんです。

なので、政府関係者がこのブログ読んでいるんだったら、早く僕の家に美女(新垣結衣さん似、もしくは本人)をつれてきなさい。日本の未来を考えているなら早くするべきですよ?


「冗談じゃない」
上の文考えるのに5時間もかかりました。こりゃどうしようもない、なんでこんなクソみたいな文で5時間も考えなきゃいかないんだよ、冗談じゃねえよ。ほんと、僕はアホすぎる。


「緊急企画」
ゴールデンウィークがそろそろなわけなんですが、なんの予定もない。というか、お金もない。
さすがにいい年した若者がゴールデンウィークに部屋で引きこもって自慰行為にふけるなんていう、一昨年くらいにそんなことやった気もするけど、さすがにそんなことはできません。というか、まったく友達から誰一人誘われない一昨年のゴールデンウィーク、あれは本当に心が傷ついた。あまりの悲しさにひぐらしやってましたからね、それくらい暇を持て余してました。
というわけで、もしかしたら今年は誰からも誘われないんじゃないか(Mくんは彼女が山形へと行ってしまうため寂しい思いをするんだろうなぁ)、もしそうなったら困る!というわけで、低予算でできるだけ遠くに行って見ようというわけで、「低予算!ドキドキ!三浦半島の旅!」をやりたいと思います。
これはそうですね、僕が京急線沿いに住んでるからこそやれるというもんです。往復で千円ぐらいでしょ、多分。魚とか食べてきます。きっと。


「今日のまとめ」
お金ないから家戻りま。というわけで、緊急企画そのものがなくなりそうな勢いですが、きっとやります。というか、このブログで宣言した企画ってどれもやったことねえや、どうせまた企画倒れだな。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-29 07:51 | 日記?

痛快な一言

「痛快な一言」
今一緒に仕事しているTさん(サッカー狂い)とタバコ吸いながら天気について話してた。

Tさん「今日は天気いいなぁ。絵でも描きにいくか」
僕「いや、自分そんな絵上手じゃないっすよ」
Tさん「絵が下手とか関係なくね?思いがあればいいんだよ」

その一言で僕の目は覚めた。けどその後Tさん(エアギアが好き)にWBCの話したらめちゃくちゃ怒られた。
理不尽だ。


「修羅場」
修羅場突入。


「今日のまとめ」
修羅場の日々があと三ヶ月近く続きそうです。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-20 02:57 | 日記?

朝の特撮

「朝の特撮」
シンケンジャー
ダサい。

ディケイド
オンドゥル語がないからクソ。


「二郎」
3月29日から4月19日にオープン日が変更になってた。
どうも情報によると朝の七時から8時の間で売り切れになる模様。
こりゃきついな。


「土曜日」
寝てた。仕事で体はボロボロなんだと思う。けどこれで体力は回復したから徹夜した。意味ないと思う。


「ギャザリング」
あと一歩のところで10版BOX買いするとこだった。本当に危なかった。


「今日のまとめ」
来週の三連休はなくなる見込み。IT業界になんか入るんじゃなかった。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-15 08:37 | 日記?

見たい

昨日の深夜からサイレントヒル2実況動画を見てます。怖い。


「見たい」

ボトムズが見たい。どうしても見たい。本当に見たい。


次回予告が凄い。

「今日のまとめ」
なんでか今までボトムズスルーしてたけど、本当に見たい。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-08 23:59 | 日記?
「夢を諦めない男」
男の小さい頃の夢は正義の味方になることだった・・・。

男の名はマサキ。22歳独身、彼女もいなけりゃ女の知り合いもいない、今時の若者と比べるとはるか彼方、かなり最下層に位置するどうしようもない男だ。
だが、マサキには捨てきれない夢があった。正義の味方になる、そんな小さい頃のどうしようもない夢なんかではなく、彼女(セックス)が欲しい。そう、小さい子供のように願い続けていた。

ある日、本当に今まで自分がキャバクラへ通ってたことについて本気出して考えていた。考えれば考えるほど落ち込んでいき、泣きながらオナニーとかしていた。エロゲーオタが感動のシーンでオナニーするのとほとんど変わらないくらいどうしようもない光景が1ルームの部屋で繰り広げられていた。

マサキは泣き止み、ついでに打ち止めにもなり、冷静に今の自分の置かれている立場を見てみた。
顔、生傷が多い。なんかしらないけど引っかき傷が多い。
髪型、浮浪者みたいな感じ。
服装、パンツ一枚。
体系、そろそろメタボリック。
改めて見ると、褒められるところが一つもなかった。顔に至っては無精ひげやそり残しが多くて、マジで派遣村にこういう奴いるよなって感じだった。まさに顔面世紀末。マサキはまた悲しくなり、泣きながらオナニーを始めた。

夕方、さすがにもう出ねえよって感じで、若干下半身も痛くなってきたので、夕飯の買出しへと出かけた。夕日に赤く染まる町並みを見ながら少し昔のことを思い出していた。

マサキは小さい頃から人見知りが激しく、親にくっついてはなれなかった。親が買い物をするたんびに一緒について行き、夕暮れで赤く染まる街を親と並んでよく見ていた。
そんな事を思い出し、今の自分はいったいなんだろうなぁとぼんやり思いながらもスーパーへ着いた。食材を適当に買い物かごにぶち込むマサキ。栄養のバランスなんか考えず、とりあえず野菜は白菜ありゃ平気だろ?って感覚で100円の缶詰ばっか入れいていた。ふと、目の端に見えたものがあった。マサキと年はそう変わらない、多分大学生ぐらいなんだろうと思われるカップルが手を繋ぎながら買い物してた。お互い笑顔で、仲よさそうに「今日はカレーでいいよね?みーくん好きだもんねー」とか言ってた。その光景を目にしたマサキは心底落ち込み、マジで地球滅びてくんねえかなって本気で心のそこから願った。小さい頃は正義の味方なりたいと願った男がこうなのだ、本当、クズである。

買い物を終え、家に着いたマサキ。食欲もわかず、買ってきた食材を冷蔵庫へ無造作に入れていた。白菜とか手に力が入りすぎて、つぶれていた。声も出さず、今日何度も流した涙をまた流していた。悔しかった、どうして自分だけ彼女が、とかあの女可愛いとか、そんな気持ちではなく、日本の若者の貞操観念はここまで落ちたのかと、そんな簡単にお前らセックスするなとか、別に全然羨ましくないからなと思っていた。本当にそう思っていた。嘘じゃない、本当だぞ!

その夜、マサキは一つの決心をした。その決心は固く、誰になんと言われようともその決心を曲げることはないくらい硬かった。もう、カップルとか見て羨ましいとか思うのはやめる、彼女欲しいとか言うの止めると。
マサキは本当にカップルが羨ましかった。いちゃいちゃすんの俺嫌いだからとか周りの友達に言ってても、実はいちゃいちゃ、できればくちゅくちゅくらいしたいとか心の中では思っていた。けど、もうそんな考えは捨てる。そんな事考えると後でつらいから。

マサキはその夜、エロ動画をしこたまダウンロードした。


月曜日、マサキは意気揚々と仕事場へ一番乗りで到着した。決心を固めると行動もはやくなるもんだな、そう思うとマサキは嬉しくなった。PCの起動するまでの時間、マサキはぼーっとフロアを眺めていた。そこに息を切らせて入ってきた女の子がいた。すげー可愛かった。眼鏡してるし。もう、マサキの好みストライクバッターアウト!3アウトチェンジ!みたいな感じだった。うわー、あの娘といちゃいちゃ、くちゅくちゅしてー。

マサキの決心は3日と持たなかった。


次回!その娘に近づく為、マサキは行動する!
第二話!そ、その方法は犯罪スレスレだぞ!
来週もまたマサキの戯言に付き合ってもらう。(多分やらないよ)


「今日のまとめ」
小沢の事件まとめるつもりが、リアルにオナニーしかしてなかったことについて謝ります。
だってさーやる事それしかなかったんだもん。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-08 03:24 | 日記?
世間がアイドルマスターで騒がれていようが、加護ちゃんが早くAVに出ないかなとか願ってようが、僕は僕の路線で行く。


「危機的状況」
ほんと、やばい。マジやばい。何がやばいって毎日家に着くのが0時すぎっていうとんでもない状況がここ数日続いております。

何が原因かと言えば色々あるのですが、その一つが仕事ね。ま、当たり前の話っちゃー話なんですが、仕様変更が随時入ってきたり、ネットサーフィンなどを嗜んでおりましたら、あろうことかスケジュールに間に合わなくてですね、もう大変。
しかもちょっと体の調子がおかしい。具体的にどんな症状が出ているかというと

・咳がとまらない。
・頭痛がする。
・足にばい菌が入っていたい。
・金欠だ。
・スパロボKが欲しい。
・仕事が進まない。
・なんで進まないんだろう?
・毎朝毎朝6時におきてえっちらおっちら東京まで向かうのもういやだ。
・けどね、楽しみなことがあるんです。
・同じフロアにですね、めがねの可愛い子がおるんですわ。
・その子がロッカーにコートいれて、備え付けの鏡で髪型整えてるの見るのがすきなんですわ。
・もうね、アイドルっすよ、アイドル。僕の中じゃもうアイドル。
・仕事が進まないとき、遠めで彼女の姿を見るのがここ何日かのライフスタイル。
・おかげで余計仕事進まないわ。
・あ?ストーカーみてえだと?ちげーし、純愛だし。遠くで見てるだけだし。
・だからね、彼女が帰るまで僕は帰れないの!だからいつも帰り遅いの!仕事やってないしさ!
・自業自得?ちげーし、純愛だし!

とまぁ、こんな症状が起きております。つーか最後のほう症状っていうか、病院行きじゃねえかよ。

そんなこんなで不定期更新ですがこれからも宜しくお願いします。それにしても眼鏡はたまんねえな、おい。


「次回予告」
あの献金事件について書こうかと思います。めずらしく真面目に書きます。というか、これから調べます。もしかしたらセックスに憧れる男の話になるかもしれませんが、頑張ります。


「今日のまとめ」
やっぱ眼鏡いいわ~
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-07 00:44 | 日記?

異音がする

「異音がする」
僕がいつもこのブログを更新しているPCは5年前買ったヤマダ電機のBTOで組んだマシンだ。
5年前、当時最高スペックのPCがSONYのなんとかって奴で、40万円もしてた。だが、それを何を勘違いしたのか、4万円かと思って買う寸前までいった馬鹿がいまして、店員に「すいません、これ40万円なんですね?かっこいいなぁ」って言ってダッシュしてデジカメコーナーに逃げた男を知ってますが、僕ではありません。ええ、僕じゃないんだ。

まぁ、このPCも当時ではかなりのハイスペックでして、余裕でバトルフィールドくらいは動くレベルでした。けど最近じゃあもうね、駄目駄目。酔った勢いでブランクDVDをDVDドライブに2枚くらい入れて「動け、俺のマナソウル!!」とか夜中に叫んだおかげで、DVDの書き込み速度が1倍しか出ないというとんでもないことになっちゃいました。一番凄いときは32倍とか余裕で出てたのに、今じゃ1倍ですからね、1倍。1/32ですからね。どうかしてる。

こないだなんかエロ動画をネットからしこたまダウンロードしたら50G以上空きがあったハードディスクが32MBとかいうテキストファイル大体32マンコじゃないや、32万個しかおけないくらいの要領になってまして、たとえ悪くてなんにも伝わらないかもしれないけど、ようはマンコいっぱい落としたらチンコおくスペースが無くなった感じ。うん、余計意味わかんねえわ。

まぁ、そんなマイPCですが、僕はこのPCに何度も助けられてきました。ある時はワンクリック詐欺に引っかかり、親に真顔で「すみません、詐欺に引っかかりました。原因はパソコンの誤動作で私は悪くなんかありません」とか言って見てり、某大手任天堂とすげー仲がいいっていうか、癒着でもしてんじゃねえのって企業の説明会にエントリーして話なんかほとんど聞かずに麦茶だけ飲んで帰ってくるなんていうとんでもないこともやらかしました。DVDに書き込みできないからってドライバー全入れなおししたら結局はファイル名が長すぎて駄目だったなんてこともあったよ、クソ!

けど、僕はこのマイPCに感謝している。このPCが無ければ僕はプログラムなんていうよくわかんないものはやんなかったし、某オンラインゲームで中房に「あ、そんな装備で僕らとやろうっての?マジうけんだけどwwwwwww」なんて草はやされて、オンラインゲームがトラウマになって一切手をつけなくなったりすることもなかっただろう。

ありがとうマイPC。夜中むしゃくしゃして蹴っ飛ばしたりしてごめんな。あと、ラーメンのつゆをファンのところに流したらどうなんだろう、ためしてみようかななんて思ったりしてごめんな。これからもDVDドライブがいかれても、ハードディスクが壊れてもそのたびにリカバリーしてやるからな。うん、嘘だよ。


「今日のまとめ」
本当にそろそろ壊れそうだからパソコン買い換えなきゃ。今度はノートPCでいいや。デスクトップなんか邪魔なだけだ。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-04 00:56 | 日記?

忘れられない光景

「忘れられない光景」
あれは高校三年生ぐらいの頃だったろうか。

季節は丁度今頃、まだ冬の寒さが残っていて、春が来るにはまだ早い時期だった。
僕はその頃には進路も決まり、バイトでたんまり稼いだお金を稼いでいた。未来に、まだ希望があり、ゲームプログラマーとして活躍する自分を夢見て、この先の将来にわくわくしていた。バイトの休みの日は狂ったように朝までゲームもしていた。

ある日、僕はとてつもなく夜中におなかがすいた。それこそもうセックスして、じゃないやオナニーしてでも空腹を紛らわさない限りは死んでしまう、そんなレベルのお腹の空き方だった。かなり緊急性をともなう空腹だった。少しくらい涙を流したかもしれない。冷蔵庫を漁ってもエバラ焼肉のたれを舐めることしか出来ない僕は、バイトで稼いだ金を握り、寒空の下へ飛び出した。

自転車に乗り僕はラーメン屋へ向かっていた。目指すは橋を渡った隣街。そこに僕がよく通っていた弁慶というラーメン屋がやっている。そこで脂ギトギトで胃がもたれるくらい食べたかった。途中の橋、僕はそこでふと立ち止まった。目を夜空へ向けると雲が一つもなく、そこにはオリオン座が輝いていた。僕は星座の中で唯一しっているのがオリオン座という、ちょっとマジアレだよって感じだったが、そのときはただただ、息を呑んでオリオン座を見ていた。というか、見ざるをえなかった。

なんか、オリオン座の左端の動いてる・・・?

オリオン座といえば砂時計みたいな形だ。詳しい形はググってくれとしかいいようがないが、そう、そのオリオン座の左端の部分が動いていたのだ。正直、焦った。地球規模で温暖化が叫ばれる昨今、たしかに地球は今異常気象に見舞われているが、そうじゃなく、宇宙規模で異常な事が起きているとは知らなかった。普通にNASAの陰謀だとその当時の僕は思っていた。動揺しながら僕は自転車を全速力でこいだ。この事実を忘れるため、急いで弁慶にいき、脂ギトギトのラーメンを食べて家に帰った。そしてその間一度たりとも夜空を見上げることはなかった。


あれから五年と少し、仕事で遅くなった僕は夜飯のラーメンを食べ、腹をさすりながら帰途へついていた。正直、仕事に参っていた。新しい現場は以前の現場とは違い、僕の技術がまったくといっていいほど通用しなかった。最初は本当に頭を抱えた。何もかも、僕が培ってきた2年という経験で得た技術が通用しないのだ。自信も何もかもなくしかけていた。泣きそうだった、彼女もいない、セックスしたい、なんかちんちんとかしゃぶって欲しいとかそんなことは本当にどうでもよかった。ただ、技術が欲しい、そう思いながら僕は空を見上げた。そこにはあの時と変わらない、オリオン座が輝いて・・・・

あれ、オリオン座の左端、動いてね?

そうなのだ、五年前に見た光景とまったく同じことが今起きていた。僕は動揺した。やはり地球規模ではなく、宇宙規模で異常な事態が起きてるに違いないと。僕はオリオン座を凝視していた。そしてある驚くべき事実に気がついたのだ。・・・・あれ、飛行機やん。そうなのだ、ただ飛行機が発している光を僕は勘違いしていただけだったのだ。多分五年前のあれもきっと飛行機なのだ。
ネタさえ割れてしまえばたいしたことはなかった。なぜか、僕は笑いが止まらなかった。仕事はつらいし、やっていけるかどうかも分からないけれども、そんなこと今のことに比べればたいしたことはないのだ。過去の出来事になってしまえば、こうして笑えるのだ。僕は手を繋いで歩いてたカップルに白い目で見られながら、家へと帰った。


「Mくんと僕」
専門学校時代、僕はくすぶっていた。友人や家族には相談はしなかったが、専門学校の授業についていけなかった。今でも、22歳になった今でもあの当時の悔しさは身にしみる。その当時、の10月ぐらいに中がよかった友達達が急に授業に来なくなった。理由を聞いて見たらやはりプログラムがわからないから。それは僕も同じだから来てくれよ、落ちこぼれがクラスで一人だと寂しいだろ、とは言えず、僕は一人で寂しくわけのわからない授業を受けていた。そんな時僕はM君に出会った。自信過剰な性格で、傲慢で、最初あったとき何だこいつとは思ったが、プログラムの腕だけは凄かった。どんな問題でも、どんな無茶な処理でもなんなくこなす、そんな男だった。最初は本当に気に入らなかった。話せばいつも「お前は俺の下僕や」とか言うし、車とかにはねられればいいのになぁとかぼんやり思っていた。けど、そんなM君にプログラムを教わってるうちに僕の考えは変わった。なんていうか傲慢だけど、僕のことを認めてくれるのだ。「やればできるくせに」、って言ってくれたのだ。僕はやってもできないよ、とそのたびに答えていたが、それでも「いいや、やればできるはずや、お前ならな」と言ってきた。どうしてこの男はそんなに僕の事を買ってくれているんだろうか。下僕にするにはやっぱり役に立たなきゃいけないから、そんなこと言ってくれているんだろうか。そのときはそう思っていた。
月日はたち、卒業のための課題制作をしなければならなくなった。その時期は僕はもう進路も決まっていて、あとはのうのうと適当に作ったプログラムで課題だしとけばいいや、とかそんな甘い事を考えていた。けど、Mくんは違っていた。僕を無理やり自分の卒業制作を作成するのを手伝わせた。一応、条件として共同で作成したから僕のでもいいとは言ってくれたが、それでもめんどくさかったし、嫌だった。M君を手伝うということはそのプログラムの腕を目の前で見せつけられるということだった。はっきり言って惨めになるのは解っていたが、断れもせず、しぶしぶ一緒に開発していた。

M君に怒られながら、教えてもらえながら一緒に開発する僕。正直、適当にプログラム組んでるわ、ゲームするわで僕の担当している機能はまったくと言っていいほど作れていなかったが、そのたびにMくんは僕の代わりに作りこんでくれた。どうしてこんなにやってくれるんだろう?そんとき純粋に疑問に思ったので、M君に聞いて見た。どうしてそこまでしてくれるのかと。M君は「お前は将来俺の下僕になるからや。今ここで卒業できませんでしたじゃかなわんやん」とぶっとんだ発言をしてくれたが、それを聞いて僕は嬉しかった。こんなクズの塊みたいな男を必要としてくれていると言ってくれたのだ。僕はその日、夜一人泣いた。悔しくて、悔しくて。

あの日からもう三年以上の月日がった。出会ってからはもう四年だ。いろんな事を僕とMくん二人でやってきた。いきなり呼び出されて映画を見に行ったり、風俗も二人で行ってきた。オフ会に巻き込まれて困っていたM君を助けたことや、沙樹ちゃんのサイン会にM君が着いてきてくれたこともあったし、障害が起きて夜中の都内に取り残されたMくんと電話してたこともあった。そんなM君と僕だけだけど、僕は2月で会社を辞めた。理由はいろいろあるが、その一つはM君から離れてプログラムをやってみたいと思ったからだ。いつまでもM君まかせではやってられない、そんな決意を持ってやめた。いつか、Mくんと肩を並べて仕事をして見たい、そう思ったから。恥ずかしくてM君には言えなかったけど。


「今日のまとめ」
今月は恥ずかしいけど、あの人に感謝しなきゃ月間です!(なんだそれ)
今までいろんな人にお世話になったので感謝しながら書く月です。(マジでなんだそれ)
正直、ネタがないとかそんなんじゃないです、マジで感謝しながら書きます!(ネタがないだけです)

なので、もしかしたらというか、知人で読んでる人が日記に登場しちゃうかも!?(恥ずかしいからやらないかも!?)
というわけで、企画倒れしそうな感じですが、頑張ります!(別に仕事で疲れてるからってこんな文章書いてるわけじゃないんだから!)
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-02 00:51 | 日記?

僕は平和を愛する男

日本人には平和な心がたりない。僕は常にそう訴えてきた。

日本人は常に恐怖が付きまとっている。国がゆえの弱点がある。

だが、それでも栄えてきた。やはり日本は凄い。


もうこのスタイルはめんどくさい。


「今日のまとめ」
面白くないわ、めんどくさいわ、リンクたくさん貼ってるブログとかよくやるよ。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-03-01 00:47 | 日記?