独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

北の大地で~続きの続き~

こ(ry


「北の大地で~続きの続き~」
とうとうマサキは会津若松まで到着した。
b0100240_23301517.jpg


マサキは感動していた。一人でここまでこれること、それはただ少しの勇気と片道5000円の切符を持ってさえいればここまでこれるのだ。マサキは感動のあまりというか、なんていうか、おならを駅のど真ん中でぶーって感じでしてしまった。なんかすげー周りの団塊のおっさんとかこっち見てるんすけど、恥ずかしいんですけど。

そんな事件もあったが、とりあえず、喜多方市行きの電車の待ち時間で1時間ほど時間が空いたので、近くの喫茶店で軽く昼食を取りながらタバコを吸っていた。窓から見える景色はただのバスロータリーだが、それもなぜか懐かしく感じてしまう。そんなおセンチな思いがまだ自分の中にあることにマサキは少し感動を覚えていた。思えばマサキは小さい頃から外で遊ぶのが嫌いな子供だった。外で遊んでもさっさっと友達の家で遊ぼうと勝手に提案し、勝手に人のドラゴンボールZのゲームをセットして遊んでた、ちょっと今考えると本当に子供時代からクズなんですけど、まぁそんな子供でした。だから外出ること、ましてやこんな遠くまで来ること事態がマサキにとっては冒険であり、子供時代からの脱出なのかもしれない。

一時間たち、喜多方市へ向かうマサキ。
電車に揺られること一時間、喜多方市へ到着したマサキ。
b0100240_23422432.jpg


とりあえず、当初の目的の喜多方ラーメン屋を探すマサキ。なんか探すのもめんどくさかったんで、とりあえず駅から一番近いラーメン屋に入って食べました。

感想はですね、うん、あれだ、そういうことだよ。期待していくなよってことだよ。

気落ちして駅へ進むとマサキの前にこんな看板が。
b0100240_054030.jpg


そうか、休みの日でも自分の仕事を忘れるなって意味か。それともこんな田舎でも仕事はありますってことか。
とりあえず、会津まで戻ろうとするマサキ。しかしここでとんでもない事態が。
いやね、電車が三時間待ちなんですよ。いやいやいや、すげぇや。ちょいと田舎舐めてた。
で、あまりにも待ちきれないマサキ。やはり都会に生まれたものとしてはなんていうか、我慢の限度ってあるじゃないですか、だからしかたなくタクシーのって鶴ヶ城まで向かいました。

けど、これがマサキにとっての一番の失敗だった。
まず、タクシーのおっさんの方言が強すぎて何を言ってるいるかがわからなかった。マサキはどちらかというとコミュニケーションは得意なほうだとは思っていたが、話が通じないことにはどうにもならない。マサキは理解し合おうといことをやめた。
そしてもう一つ、タクシーの料金メーターが面白いくらいに上がっていた。なんか鶴ヶ城着いたところで7000円くらいになってた。びっくりした。

鶴ヶ城に着いたマサキ。
b0100240_8235522.jpg


実際見てみると、意外にこじんまりしてるんだなという感想ぐらいしか出てこなかった。むしろ周りに修学旅行に来てた小学生がわらわらいて、なんか寂しい気持ちになっていた。
一通り城を見て、喫煙所で一服していたマサキ。目の前にはかなり可愛い女性がいた。すごかった、つーかリアルでタイプでした。で、その人をタバコ吸いながら凝視してたんですけど、どうも小学生の先生らしく、あーこういう人に教わるガキンチョが羨ましい、僕もイロイロ教わりたい、なんかいけない勉強とかしたい、とか勝手に妄想してニヤニヤしてたらその人どっか行ってました。あー声かければよかった。ま、ナンパなんかしたことないけどな!

そして鶴ヶ城を見飽きたマサキはいい加減つかれたし、もう見るもんないなと思って高速バスで帰った。
マサキはバスに乗りながら思った。次は仙台だな、と。


終わり。


「朝のまとめ」
寝て起きたら内藤大助が変な特撮番組で怪人をフルボッコしてた。すげーびっくりした。

おまけ
b0100240_8323851.jpg

誰かここ入学してみてよ。
[PR]
by nekoneko354 | 2008-10-25 08:31 | 日記?