独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

KOOLラプソディ

これはある男の未来を賭けた戦いの一部である。

「KOOLラプソディ」
男の名前はマサキ。
楽観主義者でどんな失敗をしても「あぁ、やっちった。まぁいいや」で済ます駄目人間だ。
だがそんなマサキにも夢があった。
自由な暮らし、すなわちモンゴルで暮らし、一日中馬に乗り、母親にどこに行くか聞かれても「モンゴル!」と答えられる、そんな生活を夢見ていた。

仕事はあいかわらずやる気がなく、つまらないYahooニュースなどを見ながら隣のベテランにちょっかいをかけてはタバコを吸いに喫煙所に行っていた。給料泥棒である。そんな風に暇をつぶしていたマサキが上司に呼ばれた。

「おい、ここのプログラムの仕様はどうなっている」

指摘されたプログラムは先日マサキが鼻くそほじほじしながら作ったようなクソみたいなプログラムのことだった。今更だが、本当に仕事をしない男である。

「ここの仕様はマスタテーブルから(中略)で渡してるので問題ないかと」

めずらしくすらすらと上司に説明する。嘘と適当にそれっぽいことを言えばどうにかなる、マサキはいつもこの手で幾多の危機を乗り越えてきた。今度も乗り切れるはずさ。

「あ、全然違うよ。ほとんど違うよ、もう作り直す時間少ないよ。やばいよ?」

予想外に上司の返答は厳しいかった。ほとんど違うだと、バカな!これは俺が設計し、俺が開発し、俺がテストし、ついでに俺が「よし、動いてるからOK~」したプログラムだぞ、そんなバカな!
当たり前だが、マサキのやっていることは最低である。もしこのブログを読んでる方でマサキと仕事したいなんて思ってる方は止めておいたほうがいい、お互いに損をするから。いや、マジで。

上司にこっぴどく言われるマサキ。怒られはしないものの、マサキの心のやわらかーい部分を傷つけるにはじゅうぶんすぎた。ちょっぴりマサキはトイレで泣いた。おなか痛くて。

この後マサキはどうなるのか?次週を待て!(現在進行中)


「今日のマトメ」
こんなクソみたいな日記書く前にマジでどうするか考えないと。
[PR]
by nekoneko354 | 2008-06-13 23:16 | 日記?