独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

戯言3

僕って周りからおやじくさいってよく言われるんですよ。
実はこれにはわけがありましてね、一回り二回り年齢の離れたおっさんと
話すのがすごい好きなんですよ。だからすっごい影響されてるんですよ。

僕が働いている業界、IT業界っていわゆる35歳定年説というものがあります。
簡単に説明すると、年々進歩する技術について行ける年齢が35歳らしいんですよね。
実際には35歳くらいになると、第一線から外されて管理職に落ち着くことが多いみたいです。

まぁ、この35歳定年説が通用するのって大手の大企業様だけでして、
中小程度の企業になると、35以上のおっさん達がごろごろ開発しています。

僕はそういう、あぶれたというか、なんというか、そういう世代のおっさん達と話すのが大好きなんですよ。今だに現役で開発を行っていながら、新しい技術についてこれない。そんなおっさん達が大好きなんですよ。

そんなおっさん達の話が面白くてですね、羨ましくもあるんですよ。
僕ははっきり言ってしまえば楽をしながら、もう用意をされた環境で開発を行っています。
けど、おっさん達って手探り状態で技術を模索しながら開発をしてた世代なんですよ。

例えばなんですけど、ニコニコ動画に「エロゲの歴史」みたいな動画があるんですけど、
ものすごい勢いでグラフィックが進化してるんですよね。
この時代のエロゲって、メモリの容量が65Kとかそんくらいの時代ですから、色が8色ぐらいしかない。それじゃあどうやって様々な色を表現したのか?
ドットの赤と赤の間に白を入れてピンクを表現したり、
VRAMの空間を使ったりしてる時代でした。
当たり前ですが、出来は今のとは比べ物になんかありません。ですけど、そこにはしっかりとした職人の技術がある、だからこそ魅力を感じる。僕はそう思います。


けどですね、今の僕って模索しながら技術を得るような技術すら持っていないんですよ。
だから僕はそういうおっさん達の話を聞くたんびに羨ましくもあり、憤りを感じます。
僕もそういう模索しながらで見つけた技術を習得する喜びを味わってみたい。

僕はおっさん達を尊敬しています。間違いなくおっさん達は偉大で、かっこいいと思う。
だから僕はおっさん達に怒られながらもわけのわからない話を聞いています。
いつかおっさん達みたいな少なくとも誰かに尊敬されるよな技術者になりたい。


「今日のマトメ」
珍しく真面目。
[PR]
by nekoneko354 | 2008-05-01 00:05 | 日記?