独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おとうさんちゃんねる

今日、床屋に行きました。店員さんにどういう学校言ってるのって聞かれたから、コンピューター関係ですよって言ったら、「君、パソコン見たいな髪型してるねーーー」って言われました。
この店員、面白すぎる。僕は常々思っているんですが、頭がおかしい自分には頭がおかしい人たちと会う確立が高いような気がします。
もちろん、意味はありません。
あとおとうさんちゃんねるとは、その店員曰く「パソコンなんておとうさんちゃんねる見るためにあるようなもの」だそうです。なに言ってるかよくわかりませんが、否定はしません。


「スカーレット」
買って二日目でこすとかいうわけのわからんことやっちゃいました。
感想としては、ネタバレとか入っちゃいそうだから、簡単に書きます。
ネタバレとかも入ってるかもしれないので、見たくない人は見ないでください。





/************ここから感想********************/
日常と非日常、これが今回のテーマであり、極端に言うとその二つしか描かれていません。(極端すぎますけどね)
ねこねこソフトはシリアス路線とわりとポップな学園もの路線と二つに分かれてましたが、
スカーレットはその二つにも属さないと思います。
今回は片岡ともさんが最後だから好きなことをやるといった通り、好きなことやってんなぁって感じでした。悪い意味ではなく、いい意味で。
けど、ねこねこ作品の常としてある「普通」というテーマは盛り込まれてました。これはさすがとしかいいようがありません。いったいなんのこといってるのお前は?って人はすいません。
ねこねこ作品あらかたやっている者としては「普通」ははずせないような気がします。こればっかりはねこねこ信者なんですいません。(もしかしたら、ねこねこ信者としても異端かもw)


毎回思うんですが、ギャルゲーって現実じゃ無理だろっていう設定が結構ありますよね?
かなり贔屓してみると、スカーレットには現実じゃ無理だろって言う設定がないような気がします。こればっかりはそうとう贔屓して見てますので、なんか言われそうで怖いですが。
まぁ、そこらへんのことは伏せときます、ネタバレですから。


まとめ
スカーレットは渋めのエンタメを目指して作った作品らしいです。
渋めらしく、派手さはなく、けど素朴さもない、そんなゲームだったと思います。
十年後くらいにまたやってみるとこのスカーレット、また違う面白さが見えてきそうです。
十代では気づかなかった物事の視点が、二十代になった時の物事の視点ではどう映るのか?
今から楽しみです。


/************ここまで********************/



「今日の結論」
七年間、ねこねこソフト様お疲れ様でした。
思えば近所の雑誌とかが貯められているゴミ捨て場でエロ本を見て、みずいろパソコン版を知りました。そのときから僕はいつか絶対にこのゲームは絶対に買ってやると思ったのがきっかけでした。
不思議なもんです、あの時のエロ本を見てなかったら絶対にエロゲーやらギャルゲーなんかやろうとは思いもしませんでした。
みずいろは僕にとっては思い出深い作品です。そのメーカーさんがなくなってしまうのは残念です。

本当に七年間お疲れ様でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・今思い出したけど、本当は床屋の話だけで今日の日記終わらせようとしてたのに・・・・・・・・・・・。
[PR]
by nekoneko354 | 2006-05-29 01:32 | 日記?