独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「昼飯を食べる」

「昼飯を食べる」
5月4日、秋月くんや空メさん達がアイマスのなんかのイベント真っ最中の頃、僕は神奈川へ帰る支度をしていた。引越し作業をするために、すこしでも片付けをするためだ。ただ、ものすごく腹減っていた。とんでもなく腹減っていた。ついでに日ごろの仕事の疲れが頂点に達し、イライラ度がMAXこの上ないことになり、ドラゴンボール改を見ながらドッカンドッカンしていた。
とにかくとんでもなく腹が減っていた僕は急いでH君に連絡(意味がわからない)、H君を呼び出すことに成功したのである。
H君が待ち合わせのセブンイレブンについたころには月刊マガジンを一通り読み終わっていた僕は、H君に「よし、飯だ!」といい、H君曰く【あま餃子】の大島ラーメンへと行くことになった。
セブンイレブンから5分、大島ラーメンへと着いた僕ら二人。大島ラーメンはとんでもなく閑古鳥が鳴いており、これは入れないねとお互い顔を見合わせながら言い、4号線まで歩いていった。「どこで食う?」そうお互いに言い合う僕ら。ちなみに僕とH君は二人で何かしようとすると恐ろしく時間がかかる。お互い腹減っていようと、疲れていようとか、そんなこと関係なく、決めることが凄いきらいなのだ。ここにA君がいればすぐに何事も決定するのだが、A君に「トランザムあま餃子!」ってメールを送っても何も反応がないため無視した。お互いメールはするが、電話は嫌いなのだ。
「よし、ソフステがいまだにやってるか確認しようぜ!」
そうH君は言った。ソフステとはソフトステーションの略で、その昔僕らがまだ中学生の頃に見つけてきた中古ゲーム屋だ。中古ゲーム屋とはいえ、なぜかメインがマジックザギャザリングのシングル売り、もしくはその対戦場としてだった。しかもUFOキャッチャーがあって、中にあるキングギドラをとるとAVだかゲームだかをもらえるというよくわからない店だった。
「いや、だってあそこは・・・」そう渋る僕。たしか最後にいったのはもう4年も前のことだった。たしか最後に行ったときはマジックザギャザリングのシングル売りもやめて、ゲームもPSのが2本だけ置いてあるというとんでもっぷりになっていて、これは潰れるだろとか思ったもんだった。けどH君は言った。
「潰れてるかどうか確認しようぜ!」
あいかわらずいい性格してやがる、そう思ったが僕も自然と顔が緩んでいた。そうなのだ、やっぱりこの感じがいいのだ。なんも生産性も無い、意味も無い、ただ地元をひたすら歩いて、そんな感じがいいのだ。僕はもちろん、と返した。

案の定、ソフステは潰れていた。紫だった看板ははがされ、なぜか黄色になっていた。完全に撤収された後だった。なぜかお互い笑いがこみ上げ、笑っていた。大爆笑である。道行く人とかに変な目で見られても気にせず笑っていた。その後特に目的もなく歩いていたら、目の前から子供がいたから僕は、
「ナイスガッツ!」
そう言って声を上げたらH君に蹴り飛ばされた。意味がわからない。
その後、僕はSAYOUでうんこをしていた。うんこが終わり、外でたらなんとか学会のなんとかさんの応援をしてる街宣車が通りかかった。僕は思わず
「どこの生活を助けてるんすかねえ?」と言ったら
H君は
「君、それはまずいよ。ここらへんそれ多いんだから」
とあわてていた。

しばらく歩いて、隅田川沿いの住宅地を歩いていた。その昔、まだ僕に彼女とかいう伝説の生き物がいた時期にHくんと二人で姉歯マンションがあるという情報を聞きつけて探し回ったことがある思い出の場所だ。もちろん姉歯マンションなんて建設されてなくて、というか建設予定なだけだった。ただ、看板に【ヒューザー】って書いてあって大笑いした記憶がある。しかもその後に姉歯マンションめぐりしだすという、頭の弱い行動をした。そんな思い出のある場所だった。かつて姉歯マンション建設予定地は他の会社が建設することになっていた。時間の流れは残酷・・・っていうか当たり前か。

しばら大通り沿いを歩く。ふと、わき道を覗きこんでみると、奥のほうに坂があった。僕とH君は気になり、そっちの方向へ進む。坂の上につくと、目の前は隅田川で、向こう岸には舗装されて綺麗になっている南千住が見えた。ただ、こっち側は汚いというか、昭和から時代が止まってるんじゃねえのって感じで、ボロボロの防波堤があるだけだった。というか、いつか崩れるんじゃないかとか、そんなんではなく、夜中ここ一人で通って何があっても文句言えないくらい、やば目の臭いがする場所だった。そこから100mほど隅田川沿いを歩き、かつて遊園地だったアメージングスクエアの裏側を通った。もう昔の面影はなく、ただのカート場とスケーボーのすげえのとフットサル場になっていた。そこで僕はH君に話かけた。
「そういや、ここって釣堀あったよな?」
あったな、と答えるH君。とりあえずアメージングスクエアに入るデブと基地外。暫く歩いているとやっぱりあるある釣堀。もちろん何も言わずともお互いに釣堀に入りました。

1時間1000円ていうなんていうのかな、ちょっと高くね?とか思いながらもこちとら社会人と大学院生(こないだバイトやめてたよ)ですよ、余裕で払えますよ。手持ちの金が3000円から2000円になるくらい何ともなかった。
さっそく釣りを始めた僕ら。僕らの隣にはカップルがいて、少しだけ氏ねとか思ったりもしたが、カップルの彼氏のほうが魚に竿を取られて流されたのでどうでもよくなった。しばらくぼーっとしながら釣りを楽しんだ。3匹ぐらい鯉をつり、びしょ濡れになりながらも、心から楽しんだ。1時間がたち、道具を返した。その間に隣のカップルは余ったえさを小学生に上げて、お礼を言われていた。僕もなんだか小学生にお礼が言われたくなったので、あまったえさを持って、
「ナイスガッツ!」
って渡したら「え?」って言われた。なんだよ、お礼言えよ。

そのあとふらふらとかつて住んでいたアパート前の公園についた。昔はこの公園の池の中に入ってザリガニを乱獲するという、グリーン平和が聞いたら卒倒しそうな行為をしまくったもんだが、今は季節がらか、ザリガニはいなかった。というか鯉すらいなかった。あれか、乱獲しすぎたか?

その後、A君と合流し、またふらふらしだす。ちなみにこの時18時。いまだに昼飯は食べていない。いい加減腹が減ったのでジョリーパスタとかいうファミレスに入った。そこそこ美味かったかな。

昼飯を食べ終わったあと、昔よく遊んだ公園に行き、ドラゴンボールZ改が今後どういう風に進むかの話をした。結論はサイヤ人編でナッパはクリリンの気円斬で真っ二つ。ついでにピッコロさんとてんしんはんも死ぬ。ヤムチャは気付いたら死ぬ。餃子はいきなり爆発。その後にごくうとべジータの戦い。5分で終了というけっこうとんでもないことになっていた。フリーザ戦なんかギニューはいきなりカエルだし。

そんなこんなで、くだらない一日が過ぎた。久しぶりほんとどうしようもない一日だった。

「今日のまとめ」
寝たい。
[PR]
by nekoneko354 | 2009-05-06 04:51 | 日記?