独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

年末企画2

続けて行くよ。


「じじいと僕と秋葉原」
中学ってまた中学かよって思う人がいるかもしれませんが、そこは許して欲しい。
で、また中学2年生ぐらいの話しなんですけど、僕の友達にじじいってあだ名の今で言うSONY信者+マイクロソフト信者のクソ野郎がいたんですよ。こいつがとてつもなく性質が悪くてですね、有名な任天堂のゲームの話しをすると基地外かってぐらい激怒するんですよ、ほんと、じじいはいったい任天堂になんのうらみがあるというのか。わけわからん。

で、ある日じじいが「秋葉原行こうぜ!」とか誘ってきたんですよ。なんでかは知らないんですけど、知ってる人は知っているゲームラボという雑誌を持ちながら誘ってきたんですよ。ま、ゲームラボって雑誌を知ってる人なら話しが早いんですけど、知らない人のために僕が適当に紹介しときます。簡単に言えばゲーム機のハック本です。プロアクションリプレイからエミュレータまで、はては同人ソフトからエロゲーのコピーまで扱ってた気がします。はっきり言ってこんな本持ってる中学生なんてそうそういませんよ。けどじじいは持ってた。この意味わかります?まず、僕が行きたいと思ってるアニメイト(当時はアニメとか大好きだった。今は普通)とかは行く分けない。じゃ、どこ行くか?ゲームラボに乗ってるぐらいの店です、まずまともじゃありません。あぁ、怖い怖い。

で、じじいと言ってきたわけですよ。じじいはゲームラボ片手に秋葉原をうろうろし、それを僕が後ろから興味なさそうに見るという、本当に僕らは友達なんだろうか?という不思議な構図で秋葉原を歩いておりました。じじいがいきなり立ち止まったんですよ。見るとそこは汚いビルで、いかにもまともな店なんか入ってないだろうなって感じのとこでした。じじいは嬉しそうな顔しながらそのビル入っていくわけですよ。しかたないからついていく僕。ビルに入ってエレベータに乗って2階かな?そこで降りた先には不思議(当時は不思議だった)な光景が広がってました。CRTモニターが無造作に床に転がっていて、棚には何の部品かは解らないのが1万円の値札が貼られてたりしてました。じじいは「やっとついた!」とか喜んでたんですけど、僕はじじいがこの店で何買うかが興味出てきました。だって、今ですら何の部品か解らないですもん。意気揚々と店の奥に入っていくじじい。ついていく僕。そしたら店の奥から怒鳴り声が。まさかじじい、喧嘩でもしてんのか!入ってまもないぞ!とかおもって急いで奥へ向かったらとんでもない光景が。
ま、とんでもないって言っても、ま、とんでもないって言えばとんでもないですけど、店長なんでしょうね、店長がお客さんに向かって
店長「そんなんじゃあんたのパソコンすぐ壊れるよ!いいからこれじゃだめ!そんなパーツはうらない!」
客「はい・・・」
店長「あんたさっきっからむちゃくちゃなんだよ、そんなんじゃ駄目に決まってる!決まってるんだよ!」
とか言ってました。すげえ、秋葉原!とかまだ童貞だった僕は思いましたよ。同じく童貞だったじじいも振るえあがっちゃいまして、急いでその店でました。それにしてもあの店長、いくらあったかいからって、秋なのに白のインナーに半ズボンという競馬場にいそうな服装だったのはよく覚えてる(イメージです、あくまでイメージ)。

あの頃、たしかに僕はオタクだったが、じじいほど変な方向に捻じ曲がったオタクになるにはまだまだ先の話です。

で、一年くらい前に中学卒業してからまったく会ってなかったじじいと久々に会ったんですよ。ま、あいかわらずの任天堂嫌いで、DSの話しするたんびにキレてました。変わってねえなぁ。そんなじじいですが、今では立派な軍事オタク+ネット右翼です。ほんと、僕にあと軍事オタクの知識がついたらじじいと話しが合っちゃうな。軍事だけははまらないようにしよう。そうしよう。


にしても、なんであだ名がじじいなんだろう、とか疑問に思った人は偉い。


「年末企画まとめ」
じじいエピソードはそんなに面白いのないのでこれで終わり。
[PR]
by nekoneko354 | 2008-12-27 21:20 | 日記?