独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

サイン会

「サイン会」
昨日の日記にも書いてあったように、二宮沙樹さんのイベントへ行って着ました。
会場が神奈川県の大和市っていう場所にあったんですが、まったく場所しらなくてですね、とりあえずは横浜出れば余裕だよって感じで出発しようとしました。そしたら携帯にメールが受信しまして、なんと会社の同僚のM君からでした。内容は「川崎いこうぜ!」というもの。何こいつ言ってんだ、僕は二宮沙樹さんのイベント行くんだ!だから大和市行こうぜ!ってメールを送ったら、なんと着いてきてくれることに。心強い。きっとM君なら大和のことなんでもしってるぜ。

というわけで、横浜で待ち合わせし、無事Mくんと合流。とりあえず、Mくんはかなりおなかが空いてるとのことで、適当に昼食を済ますことに。入った店はきったない感じの定食屋で、僕はさばみそ定食、Mくんはネギトロ定食を頼みました。そしたら店の奥からなんか言い合ってる声が。耳をすまして聞いて見るとおばあさんが「このそば味がないのよ!あんた飲んでみないさいよ!」とか言ってました。で、しかたなく飲んでる店員さん。どうやらちゃんと麺あげのときに水を切ってなかったらしく、スープがかなり薄まってたらしい。でしかたなく作り直そうとした店員に向かっておばあさんが「いいわよ!私は薄味がすきなのよ!」とかのたまってました。やっぱり、昼間にもアレな感じの人はいるもんだ。幸先がいいなって感じの会話をMくんとしてました。

で、とりあえず大和市へついた僕とMくん。さて、こっからMくんの真の力の発揮どころです。僕はMくんに案内してもらうことにしました。そしたら
「え?俺しらんよ?お前しってるんじゃないんか?つーか、俺かんけいないやん」
とかのたまってました。こいつもアレかよ。
言われて見ればそうだよな、こいつ確かに大和市のことなんか知ってるなんて言って無かったし、知るわけが無いよな。というわけ二人してイベント会場を探すことにしました。途中、キャバクラとか見つけて僕は興奮してたり、後ろに歩いてた二人組みを見て僕が「二宮沙樹さんのイベント、あいつらも行くのかな?」ってMくんに話しかけたら、Mくんは「いや、あいつらどう見ても地元の人間やん。ぜってー違うって。お前、頭大丈夫け?」みたいなことをストレートに言われて、なんだかMくんって鬼畜だよなぁって思った。

で、30分歩いてたらなんとか発見。大和駅から歩いて3分のとこにありました。どんだけだよ。
イベントする店に入って店員さんが案内してくれました。イベント参加条件には二宮沙樹さんのDVDを一枚以上買わないと参加できないため、僕は2枚買いました。2枚かうと2ショットで写真がとれるため、やばいです。ちなみに買う枚数が増えるごとに写真取れる回数が増えたりなんなりでやばい。まぁ、お金なかったのでしかたなくの2枚。カード使うことも考えたけど、やめました。二宮沙樹さんのDVDはなんていうか、現金で買わないと申し訳ないかなって思ったから。
で、僕は買ったのですが、Mくんは一向に買おうとしません。理由を聞いて見たら「俺は二宮沙樹なんてしらんし。俺は川崎いきたかったんや。あーあ」とかほざいてました。やろう、彼女いる奴はこれだから。

始まる時間が5時半からだったので、大和のゲーセンで暇をつぶすことに。Mくんは麻雀ファイトクラブやってました。麻雀とかよくわかんないけど、ひきはそんなに強くないMくん。ざまぁwwwww
5時半になり、僕はMくんにゲーセンでまってろやと言い放ち、イベント会場へむかいました。

イベント会場にはもうあれだ、猛者たちがいっぱいいた。猛者ですよ、猛者。これでもかってぐらいのオーラを放ち、僕を圧倒しています。リアルに道端で会ったらお辞儀して通すレベル。それくらいの猛者たちがいっぱい・・・10人くらいいました。
まぁ、僕がアイドルとはいってもAV女優ですからね。こんなもんかと思ってたら、あとから来るわ来るわ、総勢20人以上になってました。うん、こんなもんか。
さて、イベントが始まり、僕ら(僕の中の)アイドル二宮沙樹さんが登場しました。リアルで見るとまたこれまた可愛いのなんの。かつて、僕が高校生時代の頃は小倉ありすっていう、小倉優子を意識したAV女優さんがいたんですけど、僕はその小倉ありすが大好きでして。写真集とかをパソコンに取り込んで眺めてたら、戸倉君たちに発見されて大惨事ってことがあったんですが、それはまた別の話。
話しを元にもどして、これがまた可愛い。いや、もう可愛い。それしかいえない。意外にも小柄でして、なんていうかもう可愛いかった。いつもなら、えとイベント会場がAVショップだったんですが、AVショップはいるとフル勃起みたいな感じなんですけど、今日はちがった。緊張しすぎでむしろやばかった。額から汗ドバドバでやがんの。こりゃやばい。
さて、サイン会の始まりです。司会の人がさっさと並べや、みたいな事言ってましたが、僕はもう緊張ですよ。初めて行ったときのキャバクラよりも緊張しまくってて、まともに歩けないレベル。それでも並びました。サイン貰うために。で、とうとう僕の番になり、目の前に二宮沙樹さんがいます。とりあえず、僕は今日が初参加って事を言ったら、司会のおっさんが

「あ、初めてなの!サイン会童貞だね~~。よかったね、沙樹ちゃんに童貞うばわれちゃったな!」
とかいわれてました。うん、なんだこのおっさん。おもしろいじゃない。で、二宮沙樹さんと軽くお話をし、買ったDVDのジャケットに僕の名前いりのサインを入れてもらいました。で、最後に握手。やばい、まじやわらかい。びっくり。

で、そのまま撮影会。なんか猛者たちがカメラを取り出してるんですけど、奴らまじ強い。なんかプロ仕様みたいなデジカメ持ってた。5~6万くらいするようなカメラ持ってた。びっくりだよ、僕は。僕なんか500円くらいの使い捨てカメラですからね、舐めてるとしかいいようがありません。そう思ってたら、となりの猛者が使い捨てカメラを3個ぐらいもってました。やばいな、できるなこいつとかおもってました。で、僕が撮影する番になりました。もうね、使い捨てカメラだろうがなんだろうが関係なし。それこそ女性セブン並の激写ですよ、激写。ありったけの力をこめて激写しときました。撮影が終わり、今度は2ショット撮影。これやばかった。二宮沙樹さんが僕の腕をくんできた。かなりの緊張ですよ。ああ、やばかった。

その後は衣装チェンジとかで3枚以上買った人しかとれないとかいう罠。今度はデジカメもって着てやるとか思い、衣装チェンジした二宮沙樹さん見ておりました。マックの制服みたいの着てた。可愛かった。
そしてまたまた衣装チェンジする二宮沙樹さん。今度はサンタコスプレっていうの?なんかよくわかんないけど、可愛かった。凝視しときました。

で、最後の撮影会も終わり、お待ちかねのどきどき抽選会。最初は二宮沙樹さんが実際に来てたタンクトップ、青とピンクを出すみたいでした。二宮沙樹さんがくじ箱の中からくじを引きます。このくじを引いた番号とイベント会場はいる前に貰った番号札が一致したらもらえる仕組みみたいでした。で、最初に引かれた番号が14番。どうやら14番の方は帰ってたみたい。次に引いてた番号は9番。あれ、僕の持ってる番号と一緒だ、やべぇな、激熱だよ。
というわけで、青のタンクトップもらってきました。
b0100240_0581376.jpg

まじやばい。ほんとやばい。初めてなのにこんなの貰っちゃったよ。
もう、周りの猛者どもの視線が痛いの何の。とりあえず、嬉しかった。
そのあと、二宮沙樹さんが4周年祝いでケーキとかもらったり、抽選で当たった人にケーキ食べさしたりしててやばかった。
イベントも終わり、二宮沙樹さんがイベントの出口でお見送り。最後に握手を交わし、イベント会場を後にしました。

外でたらMくんが寒くて死にそうな顔して立ってました。ちょっと面白かった。

「今日のまとめ」
とりあえず、このタンクトップどうすんべ。
[PR]
by nekoneko354 | 2008-12-14 01:02 | 日記?