独身20代男の適当生活ブログ


by nekoneko354
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

もう戻れない

小さい頃、僕は公園で遊ぶのが大好きだった。

「もう戻れない」
先週の土曜日に後輩のツテで合コンしたんですよ、合コン。
まぁ、そこで楽しくやって、というか僕は基本的にお酒が入ってないと女の子と話すことすらできないヘタレキングなんですけど、女の子みんな未成年なんですよ。そうなったらあれですよね、お酒なんてもちろん駄目じゃないですか。だからしかたなく合コン始まる一時間ぐらい前に酒をちょびっと飲んで向かったわけなんですが、酒がたりねえたりねえ。もうね、終始緊張の連続で、いきなり頭振りだす女の子やいきなり踊りだす女の子がいて、もう駄目。恥ずかしくなっちゃってですね、いつもならこういうのってお金払って楽しんでるもんですから、お金払わなきゃいけないよねみたいな感情がこみ上げてきちゃいまして、なんていうか自分の人間としての本性が出てしまいそうでやばかった。あともう少し踊ってたら場内指名していい?とか聞き出すとこだった。あぶねえ。

まぁ、そんなシャイでおっぱい大好きな僕は合コンで見事に玉砕というか、何もすることもなく終わり、なんていうかこのまま上野のキャバクラに行きたい。できることなら500円はらって成人映画館に入りたいぐらいの気持ちだったんですが、秋月くんと由夢くんとKがいたため断念。まぁ、金なかったんだけどな。

で、その後男だけで弁慶へ。途中に戸倉くんも合流し、弁慶を食べました。が、ここでも問題が。弁慶でしなそばというのを秋月くんと食べてたんですが、これがまぁアレでしてね。もうね、金返せってレベル。まぁ、店員の斉藤君がかなりてんぱってて面白かったんでいいんですけどね。

そのあと流れで飲み屋へGO。まぁ、ここから先はよく覚えてないんですが、例の如く酔っ払ってました。そりゃ、ウィスキーロックで飲み始めたらとまらないっすよ。

朝になり、いつもの如く周りをふらふらしてたんですが、きがついたらなんか秋月くんに説教されてた。なんでお前はいつもそうなんだ的な説教だったきがする。僕も怒られたらしゅんとしちゃうタイプでして、この時ばかりはいつもの基地外みたいな態度は身を潜め、女だったら黒髪でロングで大人しい感じの娘みたいになってました。

秋月くんを家に送り届け、さてかえるべみたいになった時、僕と由夢くんとKを追いかける奴が!
秋月くんでした。なんか家はいれないとか言ってた。僕はそんな秋月くんを見て、幼い頃の自分を思い出しました。

あれはいつの頃だったろうか。まだ小学生の低学年ぐらいのときだった。ある日僕は友達と遊ぶ約束をせず、走りながら家に帰っていました。ちょうどスーパーファミコンを買ったばかりで、はやくマリオカートで遊びたかった。それだけでした。息を切らしながら家の玄関の前へ立つ僕。ドアノブに手を廻します。ドアが開きません。何回やっても開きません。僕は焦りました。当時の親が決めたルールがあって、ゲームは一日30分とか言う高橋名人も真っ青なルールがありまして、はやく帰れば親がいないからゲームが出来ると思って帰ったはいいけど、よく考えたら家の鍵がないから家は入れない。イコールゲームが出来ない。イコールマリオカートが30分しかできない。泣きました。玄関の前で。高らかに泣きました。そしたら隣の家の人が見かねてか、うるさかったかは知らないんですけど、その人が僕を家に招き、ファミコンのファミスタやらしてくれました。まだ新婚だったのに、あの時はどうもありがとう、隣の人。

みたいな事を思い出しまして、あぁ、秋月くんは隣の人にファミスタやらしてもらえなかったんだ、なんて酷い。とか思ってたんですよ。もちろん僕らはそんな秋月くんを見捨てません。例えファミスタを持って無くても楽しいことはいっぱいあるんだ!その気持ちを胸に近くの公園に向かいました。

なんかね、公園にバネで動くへんな乗り物あるじゃないですか。アレをKと由夢くんと秋月くんは見事乗りこなしてるんですよ。なんかバネの上に立ってサーフィンみたいなことしてまして、僕も負けてらんないなと思ってへんな乗り物乗ったんですよ。そしたらね、へんな乗り物にしがみつく感じになっちゃいまして、ひとりだけ救助を待つ人みたいな感じになりました。その後も縄で出来てるジャングルジム登ったらがんじがらめみたいなことになって降りれなくなったりして、在りし日の幼い自分を思い出してました。

幼い、それこそまだ幼稚園ぐらいの頃の話です。その頃の僕はいじめられっこで、いつも昼飯の時間は最後まで残ってて、帰る時間になってても食べてるという、今じゃ考えられないぐらいの遅さでした。今の僕なんかあれですからね。どんな大盛りがきても大抵は10分ぐらいで食べれるぐらいのスピード持ってますからね、よく親に「噛んで食え、てめえは犬か!」とか言われてましたが、生憎言葉の意味を理解するのに時間がかかっちゃいましてね、「犬の名前なら鉄丸だな、な!」とか言ってた。もうね、基地外。さて、話しずれたから戻しますけど、ようはいじめられっこだったんですよ。もちろん食べるのもそうですけど、遊ぶにしてものろかったんですよ。だからいつも公園で遊んでも置いてかれる置いてかれる。しかたないからいつもブランコを一人でこいでました。そんな僕をいつも気にかけてくれたのがむっちゃんでした。彼は本当に優しくて、のろまな僕でも他の人と同じように優しく接してくれました。本当、感謝しつくしてもたらないくらいです。ま、なんとか学会ってだけでドン引きだけどな。

とか思い出してですね、ちょっと泣きそうになりました。小さい頃の僕、今の僕、なんにも進歩してない。そう考えると妙に泣けてきましてね、人前だから泣けない、泣いたらだめだよ!という僕の脳内に住んでる精霊のアンジェが語りかけてくれないきゃ泣くとこでした。(※注:これは朝の話しです。昼間はハードでボイルドなので頭の中に精霊なんかいません)

幼い頃に戻っても駄目、今も駄目、だから前に進むしかない。そう思った日でした。

(にしても合コンでなんも成果を得られないとは・・・やっぱ場内指名しとけばよかったと思う今日このごろ)


「イベント」
明日、僕の中ではAV女優ではなくアイドルとして存在する二宮沙樹さんのイベントがあるので行って来ます。こういうイベントって初めて行くからよくわからん。初もんだよ、初もん。


「今日のまとめ」
めずらしく日記が長文。
[PR]
by nekoneko354 | 2008-12-13 02:09 | 日記?